イベント情報

【ワークショップ】プチプチ、サラサラ、ふわふわ音あそび NEW

美術

身近な素材「緩衝材」が奏でるとても小さくきれいな音をみつけよう!

イベント日時

2019年2月10日(日)
  • 施 設 : 大垣市スイトピアセンター
  • 会 場 : 創作実習室2(学習館5階)
  • 開 演 : ①13:00〜14:30 ②15:00~16:30
  • 主 催 : (公財)大垣市文化事業団 (大垣市指定管理事業)
  • 助 成 : 子どもゆめ基金

入場料・参加方法

参加費:500円

定員:各回10組(要事前申し込み)

対象:子ども〜大人

※小学校3年生以下は保護者同伴のこと

※汚れても良い服装でご参加ください。

※高校生以下、一般の各券種5名予定です。親子で参加の場合は高校生以下券を、大人同士のペアで参加の場合は一般を選択ください。

チケット購入はこちらから
Web発売日:2019年1月11日(金)
入場券取扱所:

ホームページまたはお電話にてお申し込みください。


お問い合わせ先:(公財)大垣市文化事業団 事業課
お問い合わせ先番号:0584-82-2310



子どもから大人までが楽しめる美術ワークショップです。

音には、テレビやラジオ、身の回りの生活音など様々なものがあります。

身近にある素材「緩衝材」をウィンドチューブ(風洞:アクリル板を円筒状にし、風を送る筒)に浮かべた時に聞こえるとても小さく綺麗な音を聞いてみましょう。
普段の生活では気にもとめなかったような素材を通して様々な音を創造するワークショップです。


講師

ウエヤマトモコ(音響作家/音と人・ミミ島 代表)


1972年生まれ 2003年情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科修了。
世の中に潜んでいる音と人の関係を探求し、サウンドインスタレーションやワークショップ、映画や舞台音響、フィールドレコーディング制作を行う。近年のワークショップに『ひそひそ楽器をつくろう』(2015/美殿町つくる市)、『ドウメキのドウノネ探し』(2015/土祭2015)などがある。


 講師からのコメント


この小さな緩衝材が触れ合う綺麗な音を初めて聴いたとき、緩衝材の秘密を知ってしまった!?と、一人でドキドキしていました。ただの緩衝材と思っていた物が、とても美しい音を隠し持っていたからです。
ふと、美しい音を隠し持っているのは、緩衝材だけではないんじゃないだろうか?と思うようになりました。
参加者のみなさんと一緒に、緩衝材やその他の物に潜んでいる音を発見し創作して、楽しく奏でるワークショップです。



 

期待する

← このイベントが面白そう!楽しそう!と思ったら
「期待する」ボタンをクリック!!

ワークショップ風景

 ※ワークショップ終了後、掲載予定

コメントコメントを書く

(全0件)

その他のおすすめイベント