イベント情報

日本国際ポスター美術館所蔵 ポスター展2022〜U.G.サトーの世界〜 NEW

美 術

ユーモアあふれるデザインに注目

イベント日時

2022年4月23日(土)~6月19日(日)
9:00~17:00 (入場は16:30まで)
  • 施 設 : 大垣市スイトピアセンター
  • 会 場 : アートギャラリー
  • 主 催 : 大垣市・大垣市教育委員会
  • 共 催 : 日本国際ポスター美術館
    運 営 : (公財)大垣市文化事業団

入場料・参加方法

観覧無料


【休館日】

毎週火曜日(5月3日は開館)、5月2日(月)、5月6日(金)


新型コロナウイルスの感染拡大予防の対策を行っております。

●新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)または、岐阜県感染警戒QRシステムをご活用ください
●発熱等、体調がすぐれない方の入場はご遠慮ください
●マスクの着用をお願いいたします

●間隔を空けてご観覧ください


皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。


お問い合わせ先:(公財)大垣市文化事業団
お問い合わせ先番号:0584-82-2310

 日本国際ポスター美術館所蔵の作品を紹介してきたシリーズ「ポスター展」。今回は、美術館開設時から尽力してきた、世界で活躍するグラフィックデザイナーのU.G.サトーの作品の数々をご紹介します。


U.G.サトー


●主な受賞

ブルノ・グラフィック・ビエンナーレ(チェコ)金賞(1978)

ラハチ・ポスター・ビエンナーレ(フィンランド)金賞(1979)

ワルシャワ国際ポスター・ビエンナーレ(ポーランド)金賞(1996)

モスクワ国際ポスター・ビエンナーレ(ソヴィエト)金賞(1998)

アークス国際ポスターショー(デンマーク)1等賞(2012)


●主な個展

ラハチ美術館(フィンランド)、プリントギャラリー(アムステルダム)、ラ・サレ(イタリア)、ロイヤルラジェンキ美術館(ワルシャワ)、ルーブル装飾美術館(パリ)、GGG(東京)、DDD(大阪)、国際デザインセンター(名古屋)、91ギャラリー(ニューヨーク)、アートギャラリー(ロサンゼルス)、ランボー・ギャラリー(ドイツ)、関山月美術館(中国)


●主な出版

「U.G.サトーの進化論世界」(思索社)

世界のグラフィックデザイン36 U.G.サトー」(GGG Books)

「U.G.佐藤」(中国・嶺南出版社)

「富士山うたごよみ」「しまうまのさんぽ」「2本足と4本足」(いずれも福音館書店)

※4月23日10時~ U.G.サトーポスタートーク開催決定!


U.G.サトー メッセージ&デモンストレーション




会場内でポスター制作の思い出やこだわりを語る




代表的なポスター作品の魅力



アンケートはこちら


期待する

← このイベントが面白そう!楽しそう!と思ったら
「期待する」ボタンをクリック!!


 街頭を彩り、さまざまな商品や催し物をアピールするポスター。
 19世紀末の産業革命とともに誕生したポスターは、単に宣伝という目的だけにとどまらず、美術品としても優れたデザイン性を示してきました。
 大垣市内の美術施設「日本国際ポスター美術館」には、1985年から蒐集をはじめた国内外の作家による作品約1万点が収蔵されています。中にはポスター草創期のアルフォンス=ミュシャや、トゥールーズ=ロートレックといった作家の作品も含まれ、ポスターの歴史を知る上でも貴重なコレクションとなっています。
 より多くの方にポスターの魅力を楽しんでいただくため、大垣市スイトピアセンターアートギャラリーでは、日本国際ポスター美術館のご協力を得て、年1回ずつ、様々にテーマを定めて作品をご紹介しています。
日本国際ポスター美術館HPへ


コメントコメントを書く

(全0件)

その他のおすすめイベント