イベント情報

水の都おおがき短編小説コンクール NEW

文芸

大垣を舞台にした短編小説を書いてみませんか

イベント日時

2021年7月1日(木)ー8月31日(火)
  • 施 設 : 大垣市スイトピアセンター
  • 主 催 : (公財)大垣市文化事業団

入場料・参加方法

応募期間

7月1日(木)~8月31日(火)  応募料無料


水の都「大垣」を舞台とする、あるいは大垣ゆかりのエピソードや事物が登場する4,000字以内の短編小説を、プロ・アマ、年齢・性別、国籍・居住地問わず、広く公募します。



お問い合わせ先:(公財)大垣市文化事業団 事業課
お問い合わせ先番号:0584-82-2310

応募方法

・4000字以内(400字詰原稿用紙10枚以下)縦書き。1人1作品のみ。作品の1枚目に作品名、作者名(ふりがな)を記入した表紙を付けること。
・日本語による完全な自作未発表原稿。
・当財団ウェブサイト応募フォームに必要事項を入力し、作品ファイルを添付してください。電子ファイル(Ⅿiⅽrosoft Word)
 のみ受け付けます。別添の専用400字詰原稿用紙の使用を推奨します。郵送、持ち込みでの応募は不可。作品の差し替え、修正は受け付けません。

※入力事項に不備のある場合、選考対象外となることがあります。




期待する

← このイベントが面白そう!楽しそう!と思ったら
「期待する」ボタンをクリック!!


結果発表

・最優秀賞1点(賞金1万円)、優秀賞1点(賞金5千円)、佳作1点(賞金3千円)
・受賞者のみ直接通知させていただきます。受賞者は表彰式にご出席ください。
・優秀作品はウェブサイト等で公開します。

表彰式

・2022年2月26日(土)14時
・大垣市スイトピアセンター かがやき活動室6-1

※詳しくは添付のチラシ・募集要項をご覧ください。


審査員長

中村 航(なかむら こう)

・大垣市出身の小説家、1969年生まれ。

・岐阜県立大垣北高等学校卒業後、芝浦工業大学に進学、エンジニアとしてメーカーに勤める。

・31歳のとき「リレキショ」で作家デビュー。


<主な受賞・候補歴>

・2002年「リレキショ」第39回文藝賞を受賞しデビュー

・2003年「夏休み」芥川賞、野間文芸新人賞候補

・2004年「ぐるぐるまわるすべり台」第26回野間文芸新人賞受賞

・2005年「100回泣くこと」ロングセラーとなり映画化

※ほか「デビクロくんの恋と魔法」「鬼ガール!!」等映像化作品多数あり。

※メディアミックスプロジェクト「BanG Dream!」のストーリー原案・作詞等も手掛ける。


審査員

樋口健司

浦安文学賞佳作。NHKラジオドラマ「世界贋作美術館」他。著書「文学に描かれたおおがき」


天岡久美子

大垣市文芸祭賞受賞


コメントコメントを書く

(全0件)

その他のおすすめイベント