財団からのお知らせ

堤防から望む吉兆の太陽柱(サンピラー)

2019.01.05

▲日の出間近太陽柱が現れ始めました

▲日の出とともにはっきりと太陽柱が

▲水神が合祀されている小泉神明宮

1月3日(木)、日の出の午前7時ごろに太陽柱(サンピラー)が現れ、中之江川堤防の小泉神明橋付近で撮影しました。



太陽柱(サンピラー)は大気光学現象の一種で、日の出または日没時に地平線に対して垂直方向に太陽から光の柱が見られる現象です。

雲の中に六角板上の氷晶があり、風が弱いとこれらの氷晶が地面に対してほぼ水平に浮かぶため、太陽からの光線が反射されて光の柱ができます。


いろいろな条件がそろわないと現れない大変珍しい現象のため、幸運を呼ぶと言われています。

皆様に幸運が訪れますように。