財団からのお知らせ

所蔵品展「氏庸と大垣藩ゆかりの書画展」【11/23(金)~H31/1/27(日)】

2018.11.14

▲リーフ表01

▲リーフ裏02

 戸田家は代々、学問・文化を尊重しました。中でも大垣藩八代藩主 戸田氏庸(うじつね) は、学問・文化尊重の藩風を一層推進し、学問所を創設(後の致道館、敬教堂)し、博士の街大垣の礎を作りました。
 また、自ら狩野派の絵師につき筆をとり優れた作品を多く残し、後に、この土壌に多くの優秀な政治家・学者・文化人が育ちました。

 今回の所蔵品展は、本館所蔵の大垣藩ゆかりの書画を展示し、大垣の学問・文化の源に触れていただこうとするものです。
 ぜひ間近でご覧ください。
 皆さまのご来館を心より、お待ちいたしております。
 
-----------------------------------------------------------------------------------------
【展示内容】 画軸6点(二幅対2点、三幅対1点含む)、書軸4点、絵屏風1点
【会 場】  大垣市郷土館 1階 郷土美術室
【会 期】  11月23日(金・祝)~平成31年1月27日(日)
【開館時間】 9:00~17:00(入館 16:30まで)
【休 館 日】  毎週火曜日
       11/26(月)、12/26(水)、12/29(土)~1/3(木)、1/16(水)
【入 館 料】 一般100円、高校生以下・市内在住65歳以上:無料 など

ゆかりの書画展チラシ表【PDF:624.7 KB 】 ゆかりの書画展チラシ裏【PDF:396.5 KB 】