財団概要

一般事業主行動計画

<次世代育成のための取り組み>


1.基準適合一般事業主「くるみんマーク」の認定

次世代を担う子供たちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために施行された「次世代育成支援対策推進法」に基づく一般事業主行動計画を平成22年10月に策定・実施いたしました。
この行動計画は、職員が仕事と子育てを両立させることができる働きやすい環境をつくることによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするために策定したものです。行動計画期間の2年間を経て、平成24年10月に基準適合一般事業主として、次世代認定マーク「くるみん」の認定を受けました。
現在は、第5期行動計画を策定し、仕事と子育ての両立をすべての職員でサポートできるよう取り組んでいます。

くるみん

次世代認定マーク 愛称「くるみん」

赤ちゃんが大事に包まれる「おくるみ」と、「職場ぐるみ」で
子供の育成に取り組もうという意味が込められています。

(公財)大垣市文化事業団子育てサポート行動計画

第1期:PDF(9KB) 2010.10.1版 , PDF(118KB) 2012.9.27版
第2期:PDF(107KB) 2012.10.1版
第3期:PDF(104KB) 2015.3.29版
第4期:PDF(87KB) 2017.1.16版
第5期:PDF(66KB) 2019.1.1版




2.岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業の認定

岐阜県が「安心して子どもを生み育てることができる岐阜県づくり条例」の精神を理解し、子育て支援に積極的に取り組む企業に対し実施している「岐阜県子育て支援企業」に登録いたしました。
この制度の登録企業の中から、優良な取り組みや他社の模範となるオリジナルな取り組みを実施する企業として、平成25年3月に「岐阜県子育てエクセレント企業」として認定を受けました。
 現在は、「岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業」と読み替えて取り扱われています。

取組の目標数値

(1)年次有給休暇取得率 2021年 目標数値 75.0%(特別休暇を除く)
 ※対象労働者:期間を定めずに雇われている労働者(パートタイム労働者を除く)
<実績>
2020年取得率 77.2%
2019年取得率 76.0%
2018年取得率 69.5%

(2)所定労働時間数(従業員1人あたりの月平均)2021年 目標時間数 8時間以下
 ※対象労働者:常用労働者(パートタイム労働者を含む)
<実績>
2020年時間数 1.3時間
2019年時間数 4.8時間
2018年時間数 8.2時間