大垣市文化事業団 および スイトピアセンター ロゴマークについて

2016.07.01

▲ロゴマーク

▲グループマーク

▲コーポレートパターン

公益財団法人 大垣市文化事業団では、次の通りロゴマークを決定致しましたので、お知らせ致します。


コンセプト

「Water and Culture」


「水都」にかける思いと「不易流行」の概念を 17個の水玉に託す。

スイト(水都)とユートピア(理想郷)の造語であるスイトピア。その名の通り大垣市民にとって生涯を通じ て集える「水の都の理想郷」として設立されました。
そこに「不易流行」の考え方をプラスする。
不易流行は松尾芭蕉が『奥の細道』の旅の間に体得 したとされる概念。その心は「不変の真理を知らなけ れば基礎が確立せず、変化を知らなければ新たな進 展がない」という意味。
この不易流行は俳句に対して説かれた概念ですが、 学問、文化、人間形成にもそのまま当てはめることができます。
俳句は五七五=17音という世界一短い詩形(不変の 真理)のため、絶えず新しい句材(流行)を求め、新しい表現を心がけねば、ありきたりの味気ないもの になってしまいます。
多様化する現在において、この姿勢は大垣市の文化 創造に寄与する当財団のあるべき姿勢と一致します。
このロゴは、豊かな水都を表現すための水玉模様を、不易流行の象徴として 17 個のドットで形成しています。

大垣市民の水の理想郷としての旗印であると共に、不易流行を心に、大垣市の文化創造に貢献する当財 団のスピリットを表すものです。




カラー

スイトピアブルー

ブランドカラーは、ブルー。豊かで清らかな大垣の水を表しています。


背景色がブランドカラーの場合



背景色が濃色の場合