イベント情報

姫路市立美術館所蔵 ポール・デルヴォ―版画展 ~幻想のヴィーナスたち~

展覧会

デルヴォーの夢幻世界が広がります。

イベント日時

2016年9月10日[土]〜10月16日[日]
休館日:火曜日、9/23(金)、10/12(水)
  • 施 設 : 大垣市スイトピアセンター
  • 会 場 : アートギャラリー
  • 開 場 : 9:00〜17:00(入場は16:30まで) 9/24(土)9/30(金)は20:00まで開館
  • 主 催 : 公益財団法人大垣市文化事業団(大垣市指定管理事業) 第17回共同巡回展実行委員会     
  • 後  援 : ベルギー大使館、
           公益財団法人フランダースセンター、
           公益財団法人大垣国際交流協会
    特別協力 : 姫路市立美術館
    協  力 : OKB大垣共立銀行、大垣西濃信用金庫
    助  成 : 一般財団法人地域創造

入場料・参加方法

料金:一   般 600円

   高校生以下 無料

   ※スイトピア友の会会員は1回無料※要会員証提示

   ※デルヴォー誕生日ウィーク(9/18~24)は400円

   ※2回目の観覧は、半券提示で300円

   

入場券取扱所:

アートギャラリー受付(展示会場入口にて)

※会期中当日券販売



お問い合わせ先:(公財)大垣市文化事業団 事業課
お問い合わせ先番号:0584-82-2310

 



ポール・デルヴォ―(1897~1994)は、ベルギーを代表するシュルレアリスムの画家です。1920年代に絵画制作を始め、印象派、表現主義に影響を受けたのち、デ・キリコ、ルネ・マグリットらの作品に出会い、シュルレアリスム的な作風に転向します。

 デルヴォーは、自らが愛するものや女性像等を組合せ、独自の夢幻の世界を創り上げました。古代神殿や駅舎を舞台に、つぶらな瞳の女性たちが、まどろみ、さまよい歩く、まるで白昼夢のような世界は、観るものの心の奥底に強く焼き付く不思議な魅力があります。1966年より本格的に制作を開始した彼の版画は、描線の積み重ねが画面を支配する、油彩にはない深い陰影の世界を生み出しました。そこには、シュルレアリスムだけに限定されない複雑で豊かな裏付けを感じさせます。

 日本とベルギーの外交樹立から150年を数える本年、日本におけるベルギー文化の理解がより一層深まることを期待し、デルヴォーが生涯制作した版画の大半を所蔵する姫路市立美術館のコレクションから、幻想のヴィーナスたちを紹介します。



姫路市立美術館の紹介

赤レンガの美術館は、白鷺にたとえられる世界文化遺産姫路城を仰ぐ特別史跡の素晴らしい景観の中にあります。この建物は、戦前は陸軍の施設として

戦後は姫路市役所として長く使われ、1983年4月に美術館として開館しました。デルヴォーやマグリットを始めとしたベルギー近代美術の秀逸なコレクションを有しており、デルヴォーが生涯制作した版画の大半を網羅しています。

姫路市立美術館HP Click here



【作品紹介】

      








上から順に 
 《庭》1971年  《夢想するアンヌ》1966年  《ささやき》1981年  《女帝》カラー 1974年  《女帝》1974年 
姫路市立美術館所蔵
© Foundation PaulDelvaux, Sint-Idesbald - SABAM Belgium / JASPAR 2016   G0503
              

期待する

← このイベントが面白そう!楽しそう!と思ったら
「期待する」ボタンをクリック!!

■■関連イベント■■


1.記念講演会

 「ポール・デルヴォーの世界」

 日時:9月10日(土)10:00~11:30

 講師:高瀬晴之(姫路市立美術館 学芸課 課長補佐)

 

 「ポール・デルヴォーの魅力の秘密」  

 日時:9月19日(月・祝)14:00~15:30

 講師:村松和明(岡崎市美術博物館 学芸員)


※記念講演会はいずれも

 場所:スイトピアセンターコスモドーム 

 料金:聴講無料(要申込・要観覧券) ※申込は7月15日(金)から 


2.文学座俳優による星空朗読会「青い鳥」 

 デルヴォーと同じベルギー出身で同時代を生きた作家メーテルリンク。ノーベル文学賞を受賞した彼の不朽の名作「青い鳥」の幻想的な世界を星空とともにお楽しみください。


 日時:9月22日(木・祝)14:00~15:00

 料金:500円

 場所:スイトピアセンター コスモドーム(プラネタリウム)

 出演:高橋ひろし(文学座)

 発売:友の会およびWEB先行販売 7月29日(金)より、一般 8月5日(金)より



3.ワークショップ

 「簡単!リトグラフ体験」

 リトグラフって言葉は聞いたことがあるけど、どんなもの?

 アルミホイルやクレヨン、コーラ等を使ってリトグラフを簡単に体験できます。

 日時:9月24日(土)14:00~15:00

 料金:100円


 「印刷博物館による カラー印刷&製本体験!」

 チョコレートの香料インクと3色のインクを使ったカラフルなポストカードと、本展オリジナルデザインのマイノートの製本体験の両方が体験できるワークショップです。

 日時:10月2日(日)

    (1)10:30~11:30 (2)14:00~15:00

 料金:300円

 講師:印刷博物館 印刷の家インストラクター


※ワークショップはいずれも

 定員:各20名(要事前申込)  ※申込は7月15日(金)から 

 場所:スイトピアセンター創作実習室(学習館5階)



4.ギャラリートーク

 日時:9月24日(土)、9月30日(金)18:00~(45分程度)

 料金:無料(要観覧券・申込不要)


※ギャラリートーク開催日(9月24日、9月30日)はいずれも夜間開館日(20:00まで開館)となります。








★本展は、大垣市スイトピアセンターアートギャラリーでの開催の後、以下の会場を巡回します。

 <千葉>市川市吉澤ガーデンギャラリー (HPはこちらClick here

       2016年10月22日(土)~11月27日(日)

 <愛知>田原市博物館 (HPはこちらClick here) 

       2016年12月3日(土)~2017年1月22日(日)

コメントコメントを書く

(全0件)

その他のおすすめイベント