イベント情報

二兎社 第38回公演「兄帰る」 作・演出 永井愛

演 劇

水都おおがき演劇アゴラ2013/秋の夜の演劇鑑賞

イベント日時

2013年9月5日[木]  ※終了しました。
  • 施 設 : 大垣市スイトピアセンター
  • 会 場 : 文化ホール
  • 座 席 : 全指定席
  • 開 場 : 18:00
  • 開 演 : 18:30
  • 主 催 : (公財)大垣市文化事業団
  • 後 援 : 大垣市教育委員会
    助 成 : (財)地域創造
           文化庁「平成25年度劇場・音楽堂等活性化事業」

入場料・参加方法

・一般 ¥3,000 

・高校生以下 ¥1,500

・キャンパスシート ¥1,000 (※1)

(※1:学割チケット。当日空席がある場合のみ。要学生証提示。)

窓口発売日:友の会:6月14日(金)、一般:6月21日(金)
Web発売日:6月7日(金)
お問い合わせ先:(公財)大垣市文化事業団 事業課
お問い合わせ先番号:0584-82-2310

<チケット取扱窓口> 

・大垣市文化会館1階事務室 0584-74-6050 ・チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード 428-276

・大垣市民会館1階事務室 0584-89-1111  ・ローソンチケット 0570-084-004 Lコード 48254

期待する

← このイベントが面白そう!楽しそう!と思ったら
「期待する」ボタンをクリック!!

 永井愛の作・演出作品をプロデュースする演劇ユニット「二兎社」。平成24年度ツアー公演「こんばんは、父さん」は全国各所でソールドアウト。東京発大型演劇ユニットの大垣初上陸です!!

  

あらすじ

 

 季節は夏、中村保、真弓夫婦の住む家の居間が舞台。

 広告業界との付き合いが多く、常に時代の半歩先を行くようなライフスタイルを心がけている保(※堀部圭亮)と、フリーライターの真弓(※草刈民代)夫婦は、一人息子をオーストラリアのファームステイに送り出し、二人で充実した夏休みを過ごす計画を立てていた。

 そんな矢先、多額の借金を抱えて雲隠れし、10年以上も行方不明だった兄の幸介(※鶴見辰吾)が訪ねてくる。「今度こそやり直します、今度こそ、今度こそ・・・・・・」と頼み込み、幸介は保の所に居座った。遊び人のうさん臭さプンプン、しかも初対面の男に、いきなり家族扱いされる真弓は大迷惑である。それに就職先などそう簡単に見つかるわけがない。

 ついに親戚が登場した。しかしお互いの対立や責任の押し付け合いで、話は一向に進まない。損得勘定抜きに話の全体を見渡せるのは幸介だけだというおかしな状態になってくる。真弓もまた、このやりとりを白けた思いで聞いていた。この一族が、どんなにその場しのぎの生き方をしてきたかがよくわかったからである。また、親戚だという理由だけで、いがみ合いながらも共同体意識だけは崩さず、事の決定権を握りつつあるのが奇妙でならない。幸介は、自分と同じように傍観者になってしまった真弓に親近感を抱きだした。

 こうして、敵対関係にありながらも、幸介と真弓の間に不思議な交流が生まれ始め・・・・・・

 

出演: 鶴見辰吾 草刈民代 堀部圭亮 ほか

 

  

 

 


岸田國士戯曲賞受賞作「兄帰る」 14年ぶりに復活!

 

 「われわれの側につくか? それともテロリストの側につくか?」

 イラクへの武力攻撃を前に、ブッシュ米大統領が各国に選択を迫ったのは10年前。当時を振り返るカナダと日本の政府関係者の言葉は、両国の「選択」の違いを表して印象的でした。

 カナダは、「国連安保理決議のない戦争には加わらない」と、参戦も支持表明も拒否。米国との同盟関係は大事だが、カナダは筋を通したと、その選択が誇らしげです。

 日本は、開戦は避けたかったけれども、日米同盟を重視して攻撃を支持。「日本のエゴイスティックな利益ということだけ考えた場合には、大変大きな利益があった」と、これまた選択に後悔はないようです。

 「選択」については、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」に、有名なくだりがありますね。魔法美術学校のダンブルドア校長先生は、ハリーにこう言って聞かせます。

 「ハリー、自分がほんとうに何者かを示すのは、持っている能力ではなく、自分がどのような選択をするかということなんじゃよ」

 「能力ではなく、選択」というところが、ズシンと胸に響きます。過去の選択を思い出すと、落ち込んでしまうこともあるけれど、選択はまた、未来に向けて開かれてもいますよね。新たな選択をすることで、新たな自分を選び直すことだって、できるはずです。

 「兄帰る」は、選択についての物語とも言えるでしょう。16年ぶりに現れた長男をめぐって、親族たちは数々の選択を迫られます。その過程で各人は、「自分がほんとうに何者か」ということを、はからずも示してしまうこととなりーーー

 筋を通すか? エゴイスティックな利益を選ぶか?

 「中村家」の選択にぜひお立ち合いください。

 

永井愛(劇作家・演出家/二兎社主宰)


 

コメントコメントを書く

(全1件)
まおう 40代/女性 (大垣市)2013.07.20
たみよさん

現役バレリーナーの頃、素敵だと思ってた民代さん。

民代さんの動作がとても綺麗なので、バレエ以外の動きにとっても興味があります。

今から9月5日が楽しみです♪♪。

その他のおすすめイベント