イベント情報

劇団ジャブジャブサーキット「非常怪談2014」

演 劇

水都おおがき演劇アゴラ2014/小劇場のカリスマシリーズVOL.1

イベント日時

2014年11月15日[土]・16日[日]
  • 施 設 : 大垣市スイトピアセンター
  • 会 場 : 文化ホール
  • 座 席 : 自由席
  • 開 場 : 開演30分前より
  • 開 演 : 15日18:00 16日14:00 
  • 主 催 : (公財)大垣市文化事業団(大垣市指定管理事業)
  • 助 成 : (一財)地域創造

入場料・参加方法

一般 \2,500

ペア券 \4,600(劇場、劇団購入のみ)

大学生以下 \1,500


窓口発売日:9月12日(金)
Web発売日:9月5日(金)
入場券取扱所:

文化会館1階事務室 ☎0584-74-6050

市民会館1階事務室 ☎0584-89-1111

チケットぴあ     ☎0570-02-9999 Pコード439-118

ローソンチケット   ☎0570-084-004 Lコード41955

劇団ジャブジャブサーキット ☎090-9922-8274



お問い合わせ先:(公財)大垣市文化事業団事業課
お問い合わせ先番号:0584-82-2310
三重県文化会館×大垣市文化会館連携事業
日常と非日常の境目を切り取る会話劇を持ち味に、岐阜から全国発信を続ける実力派劇団!!

◆作・演出 はせひろいち

◆出演
咲田とばこ 岡本理沙(星の女子さん) 西田亮太 空沢しんか(フリー)岡浩之
荘加真美 はしぐちしん(コンブリ団)中杉真弓 ioya*yotias(eighter) コヤマアキヒロ
くまのてつこ 伊藤翔大 相川出后


■みどころ■
 とある地方都市郊外にある恋沼家。通夜を迎えた台所を舞台に、日常とは少し違った空気と関係性を描きます。

 1997年に初演、シアターグリーン賞を受賞し、全国的な評価を受けた劇団の代表作です。

 創立30周年を記念し、大垣市と津市(三重県文化会館)のみで行う特別公演です。


 劇団ジャブジャブサーキットHPはこちら→Click here 



期待する

← このイベントが面白そう!楽しそう!と思ったら
「期待する」ボタンをクリック!!

<関連企画>

 はせひろいち「日常会話から学ぶ演劇ワークショップ」 ←クリック        

■開催予定日■

 10月11日(土)・25日(土)全2回

 14:00~16:30


会 場:大垣市スイトピアセンター (学習館6階)視聴覚製作室

参加費:一般1,000円 中高生500円 ※参加費は傷害保険料等に充てます

定 員:15名程度



岐阜が生んだカリスマ的演劇人

はせひろいち(劇団ジャブジャブサーキット)


■プロフィール■

 1960年、岐阜市に生まれる。岐阜大学卒業後、1984年に劇団ジャブジャブサ-キット結成。書き下ろし戯曲は110本を超す。観客との想像力共有を大前提にした戯曲論、繊細な会話研究により、演劇に残されたリアリティーと知的エンターテイメントを追求する。岐阜市郊外のアトリエを拠点に、1996年からは「3大都市定期公演」のスタイルを毎年継続し、全国的にもまれな「地域発信のカタチ」を貫いている。松原・若尾記念演劇賞、日本劇作家協会新人戯曲賞優秀賞、岐阜市芸術文化奨励賞、岐阜県芸術文化奨励賞など受賞多数。現在、日本劇作家協会員、日本演出者協会員、長久手市戯曲セミナー塾長、岐阜市戯曲セミナー塾長。岐阜大学、静岡文化芸術大学、名古屋音楽大学などで非常勤講師。







コメントコメントを書く

(全2件)
夢酒案内人 40代/男性 (大垣市)2014.11.16
恥ずかしながら・・・

地元大垣が演劇に力を入れていることを知りませんでした。
観劇のために、名古屋を主に、東京、京都、大阪など、あちこち出かけていますが、まさか大垣で、ジャブジャブや柿喰う客の公演をやってるなんて・・・。
もっと積極的に広めないと、いかにも勿体ないと思います。

今回の「非常怪談」とても面白かったです。
今後、どんな劇団を観ることができるのか、更なる期待をしています。

あどるの 40代/男性 (大垣市)2014.08.29
こんにちは

いつもは名古屋の七ツ寺で観てますが、今回は大垣でなされるんですね。

その他のおすすめイベント