イベント情報

ポスター展2014〜HAND〜

美 術

示す・握る・掴む。「手」はたくさんのことを語り出す!

イベント日時

2014年3月22日[土]〜4月13日[日] ※終了しました
  • 施 設 : 大垣市スイトピアセンター
  • 会 場 : アートギャラリー
  • 主 催 : 大垣市・大垣市教育委員会
  • 運 営 : (公財)大垣市文化事業団

入場料・参加方法

観覧無料

【開館時間】 9時〜17時

【休館日】  毎週火曜日、3月24日[月]

お問い合わせ先:(公財)大垣市文化事業団
お問い合わせ先番号:0584-82-2310

人のカラダの表現に着目し、2013年より3年間のシリーズでご紹介するポスター展2014「カラダのポスターデザイン」。2年目の今回のテーマは、「HAND・ハンド」です。

握ったり、掴んだり、指で方角を示したり、誰かとつないだり、「手」は様々な動きをします。“むすぶ”“ひらく”といった基本的な動き、“つなぐ”ことで心を伝える働き、そしてポスターの中で自由に変化する「手」の形をご紹介します。「手」が伝えるたくさんのメッセージに耳を傾け、多様なポスター表現の世界をお楽しみください。



○○会場の様子○○



1 むすんでひらいてひろがるのカタチ

指を曲げて、手をむすんでみましょう。物をつかむカタチ、握るカタチ。

次に手をひらいてみましょう。もみじのようなカタチ。物をのせたり、触れたり、撫でたりできます。

「むすぶ」「ひらく」という基本的な手の動きが、多くの意味を伝えます。



2 が生み出す自由なカタチ

 方角を示したり、嬉しい時のピースサインとなったり。指を1本、2本と増やすごとに、カタチは変化し多くの意味が生まれます。5本の指からどんなカタチが生み出されるのでしょう。



3 つながる、伝える心

手をつないだり、握手をしたり、手を重ねたり。複数の手が集まると、手から手へ、温もりとともに気持ちを伝えます。つながる手は、言葉以上に心を伝える手段となります。



4 変身する

手遊びのように、手はどんなものにでも変身できます。ポスターの中で姿を変えた手を探してみましょう。


****************************************


展示作品の中から、ぐー、ちょき、ぱーのカタチにちなんだ作品をカードにしました。

「ぽすたーじゃんけん、じゃん けん ぽんっ」のかけ声とともに、カードをつかってじゃんけんしてみましょう!

 

カードは全部で6種類あります。


★遊んだ後は・・・

会場の中には、カードになった作品が展示されています。本物の作品を探してみてみましょう。

他にも面白いカタチ、不思議なカタチの手がいっぱいあります。








期待する

← このイベントが面白そう!楽しそう!と思ったら
「期待する」ボタンをクリック!!


街頭を彩り、さまざまな商品や催し物をアピールするポスター。
 19世紀末の産業革命とともに誕生したポスターは、単に宣伝という目的だけにとどまらず、美術品としても優れたデザイン性を示してきました。
 大垣市内の美術施設「日本国際ポスター美術館」には、1985年から蒐集をはじめた国内外の作家による作品約8500点が収蔵されています。中にはポスター草創期のアルフォンス=ミュシャや、トゥールーズ=ロートレックといった作家の作品も含まれ、ポスターの歴史を知る上でも貴重なコレクションとなっています。
 より多くの方にポスターの魅力を楽しんでいただくため、大垣市スイトピアセンターアートギャラリーでは、日本国際ポスター美術館のご協力を得て、年1回ずつ、様々にテーマを定めて作品をご紹介しています。
日本国際ポスター美術館HPへ


コメントコメントを書く

(全0件)

その他のおすすめイベント