財団からのお知らせ

ナガサキアゲハが飛来しました

2018.05.06

▲ナガサキアゲハ捕獲!

▲後翅の白斑がメスの証拠!

 化石館の庭ではツツジが満開となっていますが、その花にナガサキアゲハが飛来しました。

 ナガサキアゲハは南方系の蝶々で、温暖化と共に北上を続けており、本日は春型のメスですから、当地でサナギ越冬した可能性があります。前翅の付け根が赤く染まるのが特徴ですが、メスは後翅に大きな白斑があるので見分けやすいです。

 他にもアゲハチョウ・キアゲハ・クロアゲハ・ジャコウアゲハ・モンキアゲハが見られますが、間もなく産卵して死んでしまい、その卵から生まれた幼虫が育って、7月中旬には一回り大きな成虫が飛び交うことになります。

ゴールデンウイークも本日で終わりですが、期間中は沢山のお客様にご来館いただきありがとうございました。今後は、本物の化石クリーニングなど体験メニューを充実してお待ちしておりますので、ぜひご来館ください。