財団からのお知らせ

化石館だより 2月号を掲載しました

2017.02.02

 今月は、先月に引き続き「金生山のフズリナ研究」についてです。


 明治から昭和初期にかけて、金生山や赤坂石灰岩の名は世界的に知られるようになりましたが、次第にフズリナ研究への注目度は減少していきます。また、赤坂石灰岩には研究を難しくする問題点もありました。


 そのような中でも、新たな発見があり赤坂石灰岩は再び注目されようとしています。


 詳しくは化石館だより2月号を見てください。