財団からのお知らせ

化石館だより 1月号を掲載しました

2017.01.07

▲シュワガーによるパラフズリナ・ジャポニカのスケッチ

今年もよろしくお願いいたします。


今回は、フズリナを取り上げました。フズリナについての話題は、これまでにもたびたびご紹介してきましたが、2月に実施する化石講演会のテーマがフズリナ化石になっていますので、勉強を兼ねて金生山におけるフズリナ化石の研究史を辿ってみました。


ギュンベルによるフズリナ・ジャポニカの新種記載(1874)以来、多くの研究者が赤坂石灰岩のフズリナ研究に取り組んできました。赤坂石灰岩、金生山の化石は、国内だけではなく世界的にもよく知られています。

詳しくは、「化石館だより」を見てください。